ブレーキフルードの交換をしよう!

2021.03.26

ブレーキフルードの交換エア抜きの手順を紹介!

事故の原因となるので、改めて手順をよく理解してから作業を行ってください。

※あくまでも代表的な方法の事例です。実際の車種・環境などにより手順が変わりますのでご了承ください。

STEP1  –  ブレーキフルードの交換準備

ブレーキのリザーバータンクのキャップを外し、古いブレーキフルードをポンプなどで吸い出します。

ブレーキフルードの吸い出し

ただし、吸出しすぎてラインにエアが混入してしまうと、ABSユニットに異常をきたしてしまうので、程々の量を吸い込んだらストップします。

今回はこれを使用してみます。

AP ブレーキブリーダーキット VB123

商品コード:2007000012338

AP ブレーキブリーダーキット VB123

コンプレッサーに接続し、エアの負圧を利用してブレーキフルードを吸い出すスグレモノです。

STEP2  –  ブレーキブリーダーキットの接続

ブレーキフルードをセット

まずは補給用タンクに新品のブレーキフルードを入れ、リザーバータンクにセットします。

ブレーキブリーダーキットの接続

古いフルードが下から抜けると新たなフルードが共有されるという仕組みです。
車両には付属のフックなどで固定します。

ブリーダープラグ

ブレーキキャリパーのブリーダープラグのキャップを外し、ブリーダーホースの先に付いているノズルを、ブリーダープラグに取り付けます。

ブレーキブリーダーキット接続方法

STEP3  –  古いフルードの交換作業

ブリーダープラグにノズルを取り付け

ブリーダープラグに先にレンチを掛けてからノズルを取り付けます。

負圧で吸い出し

レンチを回してブリーダープラグを緩めてから、本体のトリガーを引きます。

負圧により、フルードが吸い出されます。

作業の順番

一般的にブレーキペダル(マスターシリンダー)から一番遠い場所(配管が長い)から順番に作業を行います。

作業完了

作業終了後は、必ずブレーキペダルを数回踏み込み、ブレーキの掛かり具合を確認してください。
確認せずに走行することは、重大な事故の原因となります。

● 関連アイテム


○ ブレーキ関連ページはこちら!
※今回ご紹介した作業は、あくまで一例であり、車種・作業環境・対象物の状態によって異なります。
※実際に作業を行う際には、内容・手順を十分理解したうえで行ってください。

ご利用ガイド
GUIDE

送料について

3000円以上送料無料!安心してお買い物をお楽しみください。

支払方法について

クレジットカードや代金引換配送、Amazon Payなどもご利用いただけます。

配送について

平日・土曜14時までに決済を頂ければ【即日発送】。離島、一部地域では更に発送日数が掛かる場合がございます。

返品・交換について

返品をご希望の際は、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

ポイントについて

ネットと店舗で貯まる、使える!!ポイントは、1ポイント=1円としてアストロプロダクツ全店とオンラインショップのお支払いにご利用いただけます。

セールについて

全店舗での企画として各種セールを実施しておりますが、ネット通販ではシステム上、都合により実店舗と開催時間にずれが生じます。

修理・アフターサービス

ご購入された商品に不具合・故障が発生した場合は、保証書・保証期間の有無に関わらず修理を承らせていただきます。

お問い合わせ

お買い物でのお困りごと・お問い合わせはこちらへ