タイのバンコクに海外1号店をオープン

MEDIA RELEASE
2016年3月30日
株式会社ワールドツール


株式会社ワールドツール、タイのバンコクに海外1号店をオープン

株式会社ワールドツール(本社:埼玉県深谷市、代表取締役社長:中島 勉、以下、ワールドツール)は、2016年3月30日、タイのバンコクに海外店舗1号店をオープン致しました。

同店はバンコク市北東部のナワミン地区に店舗を構え、日本と同じ「アストロプロダクツ」の店名を前面に打ち出し、敷地面積270平方メートルの店舗に約3000種類の自動車整備工具等を展開しています。

アジアのデトロイトとも称されるタイは自動車産業が盛んで、新車販売に占める日本車比率が8割を超えており(出所:MARKLINES)、当社製品との親和性が高いと考えております。また、昨今では部品交換や改造の趣味も広がっていることから、同国の自動車工具市場には高いポテンシャルがあるとみており、今後更なる拡大を見込んでおります。これらの理由から海外展開の第一歩としてバンコクを選定しました。今後は、タイにおける多店舗展開、及び他国への進出も検討を進めて参ります。

今回のバンコク店開設について、ワールドツールの代表取締役社長、中島 勉は、「当社にとって念願であった海外展開の第一歩をタイのバンコクで踏み出せた事を大変嬉しく思います。タイのお客様にも日本同様、豊富な品揃えとジャパン・ブランドの高品質の工具や自動車用品を低価格でご提供する事で、ご満足頂けるよう取り組んで参ります。」と述べています。

ワールドツールは、 1995 年(平成7 年)に設立され、2000 年代より直営店舗の出店および自社企画ブランド「アストロプロダクツ」による自動車整備工具及び機器などの品揃えを急速に拡大し、現在は全国に140 店超の自動車整備工具専門店を展開する、国内最大規模の企画製造小売事業者の一つとなっています。同社は昨年5月に、アジア地域に強みと実績を持つ香港系の投資ファンド、CLSAキャピタルパートナーズがアドバイザーなどを務めるサンライズ・キャピタル(以下、サンライズ・キャピタル)と資本業務提携を締結しました。海外進出はサンライズ・キャピタルとの資本業務提携の主要な目的のひとつであり、今般それが実現することとなりました。

株式会社ワールドツールについて
ワールドツールは埼玉県深谷市に本社を置き、「アストロプロダクツ」の店名で自動車整備用工具・機器の小売業並びに卸売業を営む。全国に140に上る店舗を有し、自社ブランド(ブランド名:アストロプロダクツ)の自動車整備用工具を中心に、一般産業用工具、雑貨品・ノベルティー商品などの扱いのほか、LED関連商品、太陽光発電パネル、発電機など幅広い製品を取り扱っている。ワールドツールの2015年7月期の売上高は約70億円で、従業員数は約770人。

ワールドツールに関する詳細は、以下のページをご覧ください。
http://www.astro-p.co.jp/pages/about/

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ワールドツール
担当:野口(のぐち)
Tel: 048-501-7871
Email:noguchi@astro-p.co.jp