Vol.08

エンジンのベルトを交換しよう!

エンジンのベルトを交換しよう!

「キュルキュルキュル」…エンジンを掛けたときにベルトの鳴く音がうるさくなっていませんか!?
ベルトが劣化しているかも!ここではエンジン補機ベルト(ファンベルト)の交換方法を解説します。

※あくまでも代表的な方法の事例です。実際の車種・環境などにより手順が変わりますのでご了承ください。

 

STEP 1  -  ますはジャッキアップ

今回ファンベルトを交換するのは、日産・キューブ(Z11型)

この車種の場合は、ベルトへアクセスするのにタイヤを外す必要があるので、まずはジャッキアップします。

 

ジャッキアップの前に、必ず輪止めを使用します。

 

必ず適切な場所にジャッキをあてます。Z11キューブの場合は、フロントメンバーです。

 

● 関連アイテム

 

◯ガレージジャッキ各種

 

 ◯リジットラック各種

 

STEP2  -  ホイールを外します 

ジャッキアップ後は、必ず適切な場所にリジットラックを掛け、安全を確保してください。

 

右前輪のホイールナットを緩め、ホイールを取り外します。

 

外したホイールナットは地面に直接置くと、砂粒などを噛み込んでしまう恐れがあるので、トレイなど汚れののない場所に置いておきましょう。

 

STEP3  -  クリップを外し、カバーを取り外します

ホイールハウスの奥側にある、カバーを取り外す必要があります。

カバーに数ヶ所で止められているクリップを外していきます。

 

丁寧に外せば再利用は可能ですが、万一の為に予備のクリップは用意しておきましょう。

 

● 関連アイテム

トリムクリッププライヤー

◯AP トリムクリッププライヤー 80°

 

◯AP トリムクリッププライヤー 30°

 

 

トリムクリップ各種

 

◯トリムクリップ各種

 

◯AP ニッサン用 トリムクリップ45個セット

 

STEP4  -  プーリーを緩めます

カバーを外すと見えてきましたが、ベルトの張りを調整するアイドラプーリーは見えません。下に潜る必要があります。

 

Z11キューブのCR14エンジンの場合、ベルトの配置はこのようになっています。

ベルトの張りを調整するアイドラプーリーを緩めることによって、ベルトを取り外し、交換する事が可能になります。

 

これがアイドラプーリーです。

中心にある固定ナットを14mmのオフセットメガネレンチで緩めます。

 

STEP5  -  プーリーのアジャストボルトを緩めます

プーリー中心のナットを緩めたら、プーリーの軸とは直角方向にあるアジャストボルトを緩めていきます。

プーリーの軸が緩め方向に動くので、ベルトの張りが緩くなっていきます。

 

● 関連アイテム

クリーパー各種

 

AP メカニッククリーパーイエロー

 

◯AP プラスチック クリーパー BLACK

 

STEP6  -  ベルトを外して新品のベルトに交換します

プーリーを充分緩めたら、ベルトを取り外します。

ウォーターポンプを回しているもう一つの細い方のベルトも同様に、プーリーを緩めて交換します。

新旧ベルトの比較。(上:旧 下:新品)今回はまだ使えそうでしたが、山がボロボロになる前に早めの交換が必要です。

 

STEP7  -  逆の手順で取り付けます

逆の手順でアジャストボルトを締め込み、プーリーをベルトの張る方向に動かします。

ベルトの張りを適切に調整します。

プーリー中心のロックナットを締め込みます。

エンジン始動前に、必ずベルトのラインが真っ直ぐになっているか、エンジンルールの上などからも確認してください。

 

全て締め終えたら、エンジンを始動。

エアコンなどもONにし、異音などが無いかをチェックします。

 

異音が無ければカバーなどを元に戻し、リジットラックから降ろして修理は完了です。

交換後100kmの走行でベルトの張りのチェックを行い、必要な場合再調整をしましょう。
 
※今回ご紹介した作業は、あくまで一例であり、車種・作業環境・対象物の状態によって異なります。
※実際に作業を行う際には、内容・手順を十分理解したうえで行ってください。