ASTRO Webマガジン

ETCが使えなくなる?2022年問題と2030年問題とは?対処方法も解説!

目次

ETCが2022年に使えなくなる・2030年には使えなくなるなど、ETCの2022年問題および2030年問題について、見聞きしたことがある人は少なくないでしょう。

2022年問題は少数の方にしか影響がありませんが、2030年問題は多くの方が対象になっています。

本稿では2022年問題・2030年問題とはそれぞれどんなものか、そしてどんなETC車載器がこれらの問題の影響を受けるのか、またその対処法についてご説明します。

ETCの2022年問題は法改正によるもの


ETCの2022年問題は法改正

ETCの2022年問題とは「一部のETC車載器が2022年12月1日以降は使用できない」というものです。

その理由は、電波法の一部改正の影響です。

現行の電波法の規格は2005年12月から適用され、2年の経過措置期間を経て2007年12月に全面適用されたものです。

旧規格で認証を受けた無線設備も2022年11月末までは延長使用できる猶予期限が設けられていましたが、いよいよその猶予期限が迫ってきたのです。

ETC車載器も無線設備のひとつなので、旧規格のETC車載器は、この延長利用期限の影響を受けるということです。

2022年問題・使えなくなるETC車載器はごく一部

2022年12月1日からは旧規格のETC車載器が使用できなくなります。

電波法の一部改正の適用開始からもう十数年経過しており、それ以前のETC車載器を今も使っているというケースは少ないため、現在使われている数多くのETC車載器のなかでも2022年問題の影響を受けてしまう機種はごく一部に限られます。

国土交通省高速道路課は、2007年以前のETC車載器については2022年問題の影響を受けるかどうか個別にメーカーへ問い合わせるように、という趣旨の説明をしています。

自分が今使っているETCはかなり古い機種なので心配だという人は、メーカーへ問い合わせましょう。

2007年以前に発売されたETC車載器であっても、その多くは現行の電波法に対応したものとなっています。

2002年11月以降に発売開始された機種が2022年問題の影響を受ける可能性はまずありません。

ETCの2030年問題はセキュリティ規格変更によるもの

2030年問題はETCシステムのセキュリティ規格の影響によるものです。

現状では旧セキュリティ規格のETCも使えます。しかし、遅くとも2030年には新セキュリティ規格しか使えないように変更しますというのが2030年問題です。

もしETCに重大なセキュリティ問題が発生した場合は、旧セキュリティ規格のETC車載器が使えなくなる日が2030年よりも前になってしまう可能性もあります。

旧規格でも2030年まで問題なく使える、と安易に考えるのは禁物です。

1. 2030年問題で影響を受けるETCの見分け方


ETCの2030年問題はセキュリティ規格変更

2030年問題で影響を受けてしまう旧セキュリティ規格のETC車載器の見分け方を3つご紹介します。

19ケタの車載器管理番号をチェック

取扱説明書や保証書に記載されている19ケタの車載器管理番号をチェック。車載器管理番号の最初の数字が「1」なら新規格に対応しているので2030年問題の影響は受けないが、最初の数字が「0」の場合は旧規格。

ETCのロゴの下をチェック

取扱説明書などがなく、車載器管理番号がパッと見で確認できない場合はETC車載器に書かれているETCのロゴ部分をチェック。ETCロゴ部分の下に「●●●」のマークがあれば新規格、なければ旧規格。

ETC2.0はカード挿入口付近をチェック

取扱説明書などがなく、車載器管理番号がパッと見で確認できない場合で、ロゴ部分がETC2.0となっているものは、カード挿入口付近をチェック。カード挿入口近くに「■」のマークがないものが新規格で、このマークが印字されているものは旧規格。

これらの見分け方のなかでも、とくに注意しておきたいのがETC2.0です。

ETC2.0は2016年の春から本格導入が始まりました。「自分のものは新しいETCだから2030年問題は関係ない!」と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、実際にはそうではありません。

「■」マークがあって2030年問題の影響を受けてしまう旧規格のETC2.0車載器も存在するということを理解したうえで、ご自分のETC車載器をチェックしましょう。

2030年問題のほうが影響大!自分のETC車載器をチェックしよう

近い将来に起こるETCに関する問題は2022年問題と2030年問題の2つが挙げられます。

2022年問題に該当するETC車載器はごく少数ですので、ほとんどの人にとっては心配のいらない問題です。
しかし、2030年問題については影響を受けるETC車載器の数が多くあります。
さらに2030年より早くセキュリティ規格が変更された場合は2030年を待たずして旧セキュリティ規格のETCが使えなくなってしまうというリスクもあります。

自分が使っているETC車載器が2030年問題にも対応できる新規格なのか、それとも旧規格なのか、今すぐチェックしましょう。