ASTRO Webマガジン

基本工具 プライヤー、ニッパーの選び方、オススメ

目次

挟んでつかむ、それがプライヤー

プライヤーとは挟んでつかむための工具の総称です。人間の手の延長とも言えるプライヤーは、指先よりも強く挟んだり掴んだりしながら加工作業が出来る工具です。
プライヤーには、その形状や特徴によって様々な種類があります。

スリップジョイントプライヤー

コンビネーションプライヤー

一番基本的なプライヤーで、スリップジョイントプライヤーなどとも呼ばれます。ジョイント部分をスライドさせる事で大きなものもにも対応出来る特徴があります。

ウォーターポンププライヤー

ウォーターポンププライヤー

その名の通り、水道管等の太いものもしっかりと挟めます。大きく開く事が出来て、様々なサイズに対応出来ます。また、挟む部分が横を向いているのも特徴と言えるでしょう。

ロッキングプライヤー

ロッキングプライヤー

強いチカラでシッカリと挟んでロック出来るプライヤーです。挟んでロックするチカラは調整可能で、ロックしてからは握るチカラを必要としないので、作業の為の仮止めとしても使えます。

挟んで断ち切るのはニッパー

電気配線や金属線(針金等)、樹脂等を切断する時に使います。ニッパーにも使用用途や形状によって様々な種類があります。

ニッパー

ニッパー

握る事で金属刃で挟んで切断する基本形工具です。模型作り等でもおなじみですね。金属刃は鋭く、扱い方を間違えるとケガをする事になりますので使用時は注意が必要です。

強力ニッパー

強力ニッパー

ニッパーよりも固い材質を切断する時に使います。金属刃が丈夫で分厚いのが特徴です。

エンドニッパー

エンドニッパー

別名「喰い切り」ニッパー。ハンドルに対して刃が直角になっており、平面から飛び出した部分だけカットが可能です。

精密ニッパー

精密ニッパー

刃の部分が小さく、電子機器基盤などの精密な作業に向いています。

ペンチという存在

プライヤーとニッパーの機能を合わせ持つ工具、それがペンチです。先端部分で挟んでつかみ、その根元には金属刃があり切断が出来ます。

ペンチ

ペンチ

配線などをつかんで曲げてカット出来るプライヤーとニッパーの良いトコ取り。ただし先端での挟む部分の面積は小さく、くわえ込めるサイズは大きくありません。切り口は潰れた断面になります。

ラジオペンチ

ラジオペンチ

先端が細く、電子機器や模型などの細かい作業に向いています。

圧着ペンチ

圧着ペンチ

主に電気配線の結線コネクター(ギボシ、スリーブ等)の圧着に特化した専用ペンチです。配線を切断するニッパー部分、被覆を剥くワイヤーストリッパー部分、端子を圧着させる部分など、複数の機能がひとつになっているものがあります。

プライヤー、ニッパーの選び方

プライヤー、ニッパー、ペンチについては、作業内容によって選び方が異なりますが、まずご自分がどんな作業をするかをイメージしてください。そして、そのうえで最適と思われるサイズを選ぶ事が重要です。また、握った感触についても使い勝手に影響します。出来るだけ実物を触って選ぶことをお勧めします。

また、ロッキングプライヤー、エンドニッパー、圧着ペンチなどの特殊形状のものからではなく、コンビネーションプライヤー、ニッパー、ペンチ、ラジオペンチなどのよく使うものから買い揃えると良いでしょう。

スタートアップアイテム

基本工具として標準的なサイズと形状から揃えるようにしましょう。



スリップジョイントプライヤー 165mm

開口幅の調整可能
スリップジョイントプライヤー 165mm
¥495(税込)

ニッパー 160mm

スタンダードなニッパー
ニッパー 160mm
¥583(税込)

ラヂオペンチ

基本的なラヂオペンチ
ストレート ノーズプライヤー 165mm
¥638(税込)


最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは次回のASTRO DIY LAB(アストロ DIY ラボ)もお楽しみに!