カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

サイドシルの補修 その1DIY RESTORE

サイドシル補修計画

サイドシルの現状

さあ、おまちかねのサイドシルの補修です。
これから全塗装をする上でこの部分の補修は避けては通れません。
なんとかして前に進めていきましょう。素人板金塗装の始まりです。

プロにお願いすればリアフェンダーを剥がして新しいパネルを溶接しなおす方法ですが、アマチュアがDIYで修理するためには市販の材料で、なるべく低予算で済ませたいところです。

そのため、このような計画で進行したいと思います。


サイドシル補修手順

サイドシル補修手順

1. 元ボディパネルをオス型として、パネル形状を FRPを使用して型取り、メス型を制作する。


サイドシル補修手順

2. 型どったメス型を元にFRPでパネルを制作。


サイドシル補修手順

3. 錆びている箇所を切除し、2. で制作したFRPを貼り込む。

という手順で行こうと思います。

FRPとは 繊維強化プラスチックと言い、少量生産のクルマの外装や、船舶・航空機にもにも使用されるので、補修の素材としては申し分ありません。

FRPの材料はアストロでは取り扱っていませんが、 お近くの「ロイヤルホームセンター」で購入することができます。ネットストアの「ロイモール」もございますのでぜひご利用ください。
全国の「ロイヤルホームセンター」をよろしくお願いします(宣伝)。

FRPの詳しい扱い方は説明すると長くなりますので、ここでは割愛させていただきます。

型取り準備

アルミテープ貼り付け

型取りの前に、まずはアルミテープを貼っていきます。
この上にFRPを貼り込んでメス型を制作する際に、固まったFRPがはがれやすく刷るために貼ったのですが、意外と厚みがあったので、もっと薄手のアルミテープでも良かったかもしれません。
型を取りたい部分をカバーできるよう、広めの範囲にテープを貼っておきます。

FRP貼り込み

FRP塗布

次に上からメス型となるFRPを貼り込んでいきます。
作業中は撮影する余裕がなかったので写真はすでにFRPを貼った後です。
この後、一週間ほど放置してFRPが完全硬化するまで待ちます。

離型

FRP離型

充分FRPが硬化したことを確認したら丁寧に剥がして離型します。

次回はこれを雛形に貼り付けるパネル部分を制作します。

カテゴリ
ピックアップブランド
DIYやってみたコーナー

ご利用ガイド
GUIDE

送料について

3000円以上送料無料!安心してお買い物をお楽しみください。

支払方法について

クレジットカードや代金引換配送、Amazon Payなどもご利用いただけます。

配送について

平日・土曜14時までに決済を頂ければ【即日発送】。離島、一部地域では更に発送日数が掛かる場合がございます。

返品・交換について

返品をご希望の際は、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

ポイントについて

ネットと店舗で貯まる、使える!!ポイントは、1ポイント=1円としてアストロプロダクツ全店とオンラインショップのお支払いにご利用いただけます。

セールについて

全店舗での企画として各種セールを実施しておりますが、ネット通販ではシステム上、都合により実店舗と開催時間にずれが生じます。

修理・アフターサービス

ご購入された商品に不具合・故障が発生した場合は、保証書・保証期間の有無に関わらず修理を承らせていただきます。

お問い合わせ

お買い物でのお困りごと・お問い合わせはこちらへ