工具・工具用品の通販なら、アストロプロダクツ

カート内の商品数:
0
送料無料まであと:
3,000円(税込)

DIYでエンジンオイルを交換しよう!

アストロプロダクツではオイル交換に必要なアイテムを各種取りそろえています。

 STEP 1 - まずはジャッキアップ!


地面が水平な硬い場所で、車両の取扱説明書で指定された正しい位置でジャッキアップします。
安全のため、必ずリジットラックを使用して車両を支えて下さい。

Point
必ず指定されたジャッキアップポイントにジャッキを当てましょう。

 ● 関連アイテム


ガレージジャッキ各種
車の重量に合わせた耐荷重が選べる、油圧式のジャッキになります。
軽自動車から乗用車まで幅広く使用することができます。


リジットラック 各種
車輌をジャッキアップした際に、保持するリジットラックです。
段階ごとに高さを調整して、ピンで固定できます。

 STEP 2 - ドレンプラグを外そう!

■ 注 意 ■
走行直後などはエンジンオイルが暑くて危険ですので、ある程度冷めてから作業を始めましょう。


エンジン最下部のオイルパンの下にオイル受けを用意します。
次にオイルパンに付いているドレンプラグを、適切なサイズのメガネレンチやソケットレンチなどの工具を使用して緩めます。

 STEP 3 - オイルを抜こう!


ドレンプラグは、一度緩めば手で回す事も可能です。
ドレンプラグが外れると勢い良くオイルが飛び出しますので、それを見越してこぼれない位置にオイル受けを置きましょう。
手を汚さずに済む「オイルドレンプラグリムーバー」を使用しても良いでしょう。


オイルドレンリムーバーショート
強力な磁石の力でドレンプラグをくっつけて回すことのできるリムーバーです。

Point
オイル受けには、容量ごとに様々なサイズがあります。
車両のオイル帳に応じたサイズを選びましょう。

 ● 関連アイテム


AP オイルパン 7L
オイルフィルター置きが付いている、中型サイズのオイルパンです。

AP オイルパン 8L
ノズル付きのオイルパンです。容量が8Lあるので、ほとんどの乗用車に対応し、ノズル付きなので排油処理も楽に行えます。

AP オイルパンスクエア6L ネット付
ノズル付きのオイルパンです。容量が8Lあるので、ほとんどの乗用車に対応し、ノズル付きなので排油処理も楽に行えます。

AP オイル処理ボックス
エンジンオイル交換時の、廃油処理が簡単にできる、大変便利なオイル処理ボックスです。
箱を開け、袋の中にオイルを移すだけで、処理する事が可能です。

 STEP 4 - オイルフィルダー交換!


オイルフィルターを、オイルフィルター連と等を使って取り外します。
この時もオイルが漏れますので、下に廃油受けを置いておきましょう。
オイル漏れを防ぐため、取り付け前に新しいオイルフィルターのOリングに、少量のオイルを塗っておきます。

Point
オイルフィルターも各車種用をラインアップしています。

 ● 関連アイテム


AP オイルフィルター 各種
カートリッジのオイルフィルターで、国産車に適合致します。


フェスコ オイルフィルター 各種
カートリッジのオイルフィルターで、国産車に適合致します。

Point
オイルフィルターを取り外すためのオイルフィルターレンチも各種ラインアップ。


オイルフィルターレンチ カップ 各種
オイルフィルターを外す際に使用する、フィルターレンチです。


AP 14PC オイルフィルター レンチセット
オイルフィルターを外す際に使用する、フィルターレンチセットです。

 STEP 5 - 新しいワッシャーを取り付けた、ドレンプラグを締め付けよう!


ドレンプラグはパーツクリーナーで汚れを落とし、新品の銅ワッシャーを取り付けます。
ドレンプラグは強く締め過ぎないように、トルクレンチを使用して規定トルクで締めます。

Point
ドレンプラグ、銅ワッシャーも各サイズをラインアップしてます。

 ● 関連アイテム


ドレンプラグ・パッキンセット 各種
オイル交換作業の際に、あると便利なドレンプラグとパッキンのセットです。


AP 銅ワッシャー 各種
銅鉄より柔らかい銅製の平型ワッシャーです。
密着性が良くシールパッキンとしての使用も可能です。

 STEP 6 - 新しいエンジンオイルを入れよう!


クルマをジャッキから下ろし、水平状態にします。
取扱説明書などを参照し、クルマの規定量のエンジンオイルを入れます。
オイルジョッキなどを用いて入れ過ぎないように注意しましょう。
2/3 程の量を入れたら、オイルレベルゲージで確認しながら全量を入れます。

Point
オイルジョッキ、ジョウゴなどのオイル注入用の用品も各種ラインアップしています。

 ● 関連アイテム


オイルジョッキ 各種
容量別に用意されているオイルジョッキです。
リットルで測るときは、「LITRES」目盛を使用してください。
ノズルと本体には保管用のフタが付いています。ゴミやほこりが入らないので次に使う時に便利です。
クォート目盛もあるのでアメ車の整備をされる方にも便利です。
ジョウゴ 各種
オイルを注ぐのに利用する、専用のジョウゴです。
先端に延長ノズルを取り付けて、奥まった箇所に使用することも可能です。
ジョウゴ内部にはメッシュネットが付いていますので、ゴミ等の侵入を防げます。

 STEP 7 - オイルレベルゲージをチェック!


少し暖機運転をしてオイルをエンジンに行きわたらせてからエンジンを停止します。
その後、1分程経ってからオイルレベルゲージでオイルが規定量入っているか確認します(レベルゲージが無く、メーターで確認する車種もあります)。


※今回ご紹介した作業は、あくまで一例であり、車種・作業環境・対象物の状態によって異なります。
※実際に作業を行う際には、内容・手順を十分理解したうえで行ってください。


一覧に戻る