電動ドライバーとドリルの違いは

電動ドライバーの種類は2つ。インパクトドライバーとドリルドライバーの違いはなに?

2021.04.21

家具の組み立てやDIYに欠かせない道具の1つが、電動ドライバーです。 棚や椅子を作る際には、穴開けやネジ締めの作業がありますが、電動ドライバーがあれば作業が捗ります。手動ではできないような作業を行うこともできます。
しかし初心者が使い方を間違えると、木材を傷つけてしまったり、怪我につながったりします。

まずは電動ドライバーの種類や特徴、注意する点など基礎知識を身に着け、適切な道具を選んで活用してください。

そもそも電動ドライバーとは?

電動ドライバーとはネジ締めや穴あけをする道具で、種類によってパワーや衝撃がさまざまです。手動でドライバーを回してネジを締めるよりも簡単ですし、木材や金属に穴を開けることができるほど、強力なタイプもあります。

電動ドライバーがあれば、家具の組み立て取り付け、DIY作業などが格段に効率アップします。大型家具であればネジ締めの所が多いので、手で締めていくのはかなり時間がかかってしまいますので、電動ドライバーの使用は大幅な時短になるのです。

またDIYで何かを作ったり取り付けたりする場合でも、電動ドライバーなら正確に作業することができますので、できあがりの見栄えや丈夫さが違います。

電動ドライバーの種類

電動ドライバーは、バッテリーをチャージしながら使用することができる充電式と、コンセントに繋いだ状態で使用する電源式があります。

充電式は、ケーブルがないため自由度は抜群で、使いやすく初心者にもおすすめです。しかし電動ドライバーは消耗が激しく、比較的短時間でこまめに充電を繰り返す必要があります。
またバッテリー自体が消耗していくので、しばらく経ったら専用バッテリーを買い直す必要があります。

電源式は、ケーブルの長さの範囲内でしか作業することができません。そのため電源が確保しやすい場所、室内での作業に向いています。
しかし延長コードを使えば作業範囲は広がりますし、充電する手間が省けます。一定の場所で作業し続ける場合は電源式のほうが使い勝手がよいといえます。

インパクトドライバーとドリルドライバー

電動ドライバーの基本性能に基づいて、インパクトドライバーとドリルドライバーの2種に分けられます。
ネジを締めたり穴をあけたりという単純な作業ではありますが、どんな場面で使うのかによって、道具を使い分けることが重要です。
利便性の高い電動ドライバーですが、用途をよく理解して使用すれば、ミスや怪我を防ぎ、作業効率をアップさせることができます。

インパクトドライバーの特徴

インパクトドライバー

インパクトドライバーの特徴は、パワーがあることです。インパクト(衝撃・打撃)という名称が付いているとおり、回転と打撃の機能を兼ね備えた電動ドライバーです。すでに穴があいている所にネジを締めることはもちろん、穴がない所へのビス留めなど、パワーを必要とする作業に向いています。
またパワーがある分、ネジ締めの作業も素早くできるため、多数のネジやビスを留める場合にもぴったりです。
また、専用のビットを装着することで、ソケットレンチを取り付けられるようになり、ボルトやナットの締め緩めにも使用できることも特長のひとつです。

ただし、扱う人にも衝撃があるため作業している手が疲れやすくなります。
さらにバッテリーの消費によりパワーの出力が左右されるため、都度バッテリーを交換もしくは充電する必要があります。 DIYなどの作業がはかどるので扱いに慣れている方や、力のある方にはおすすめです。

ドリルドライバーの特徴

先端部分の回転数が多いものをドリルドライバーと呼びます。ビットを回転させるだけの機能ではありますが、先端部分を交換すればドリルとしても使用できます。

ネジ締め、穴あけにも使えるドリルドライバーは、繊細な所での作業に向いています。大きさやパワー、バッテリーの持ちはメーカーや種類によって異なります。

インパクトドライバーとドリルドライバーの違い

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いは主に3つあります。

● チャック:先端にビットを取り付ける部分
● スピードコントロール
● トルク調節部:ねじを締め付ける強さのこと

チャック

チャックの形状は、インパクトドライバーはほとんどの場合、チャックの外側をつまんでロックを外し、ビットを入れたらまた戻します。

ドリルドライバーのチャックは大きさを調節できるタイプがほとんどで、六角軸、丸軸などさまざまな形のビットに対応できます。また、軸の太さが違っても装着することができます。

スピードコントロール

インパクトドライバーは通常、回転スピードを切り替える機能は付いていません。一定の回転数で、一定の衝撃がかかります。

一方、ドリルドライバーは切り替えスイッチがあるため、用途に合わせて回転スピードを変更することができます。
デリケートな素材や小さなネジを扱うときには遅い回転数にし、堅い木材のときには回転数を上げるとよいでしょう。
DIY初心者が長いネジを使用する場合、最初はゆっくりの回転で方向を定め、途中で速い回転に切り替えることもできます。

トルク調節部

インパクトドライバーは、一定の力を加えていくため、トルク調節できる機能がありません。ハンマーが内蔵されており、打撃を加えながら回転します。スイッチを押している限り、いくらでも回転と衝撃を加え続けます。

ドリルドライバーは、一定以上の力がかからないようにできますので、ネジを締めすぎてねじきってしまうことがありません。

どっちを選べばいいの?

DIYの際にはインパクトドライバーとドリルドライバーの特徴をふまえ、用途に合わせて使い分けていく必要があります。

インパクトドライバーは回転プラス衝撃が加わりますから、パワーが必要な大型家具の組み立てや、堅い材料にネジ締めしていく作業に向いています。また、木材や金属の研磨に使用することもできます。

インパクトドライバーはスピーディーに作業することができるため、コントロールに慣れてきたら、本来はドリルドライバーのほうが向いている繊細な作業でも、インパクトドライバーを使用するほうが早くできるかもしれません。しかしスピードを重視するあまり、材料や道具を傷つけてしまわないように注意が必要です。

ドリルドライバーは初心者向きの道具であるといえます。簡単な家具の組み立てならドリルドライバーで十分ですし、手に負担がかからないため、お子様や女性でも扱うのは難しくないでしょう。

失敗したくない繊細な作業をする際にも、ドリルドライバーを使用するのが無難です。

パワフルなインパクトドライバー・繊細なドリルドライバー

電動ドライバーは用途に合わせて選ぶことにより、効率よく作業を進めることができます。

インパクトドライバー、ドリルドライバーそれぞれの特徴や違いを把握して使い分けていくなら、ミスを防止し、楽しくDIYできるようになります。また、自分の力に合った電動ドライバーを選べば、作業がずっと楽になるはずです。

ぜひ自分にぴったりの電動ドライバーを探し、DIYをレベルアップさせてください。

ご利用ガイド
GUIDE

送料について

3000円以上送料無料!安心してお買い物をお楽しみください。

支払方法について

クレジットカードや代金引換配送、Amazon Payなどもご利用いただけます。

配送について

平日・土曜14時までに決済を頂ければ【即日発送】。離島、一部地域では更に発送日数が掛かる場合がございます。

返品・交換について

返品をご希望の際は、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

ポイントについて

ネットと店舗で貯まる、使える!!ポイントは、1ポイント=1円としてアストロプロダクツ全店とオンラインショップのお支払いにご利用いただけます。

セールについて

全店舗での企画として各種セールを実施しておりますが、ネット通販ではシステム上、都合により実店舗と開催時間にずれが生じます。

修理・アフターサービス

ご購入された商品に不具合・故障が発生した場合は、保証書・保証期間の有無に関わらず修理を承らせていただきます。

お問い合わせ

お買い物でのお困りごと・お問い合わせはこちらへ