ブレーキフルードについて

2021.03.26

フルードって?

ブレーキを動作させる為に内部に入っているのがブレーキフルードで、ブレーキオイルと表現される場合もあります。ブレーキフルードは、ブレーキペダルを踏んだチカラをブレーキに伝えて車を停止させる非常に重要な役割があります。
ブレーキの原理
ちなみに・・・
「フルード」とは直訳すると流体液となり、装置内を流動して装置を作動させる液体の意味となります。潤滑を目的としたオイルとは違っていますね。

ブレーキフルードの役目

先述した通り、ブレーキフルードの役目はブレーキ装置を動かす事にあり、重要であるため、いくつかの特徴的な条件があります。

これらの条件を満たす液体としてブレーキフルードはグリコール系の液体が主成分であることが多く、水分を吸収しやすい特性があります。
ブレーキフルードに水分が混入した状態でブレーキが高温になると、水分が蒸発して気化する事で内部で気泡となりブレーキの効きが悪くなるばかりか、最悪は効かなくなる場合があります。
この状態をべーパーロック現象と言います。(教習所で習いましたね)

ベーパーロック現象

このような状態に陥らないためにはブレーキフルードを定期交換する事が重要となります。

交換の目安

普段クルマを運転しているとブレーキフルードを見る機会は少ないでしょう。しかし、皆さん必ずブレーキを使って停止しているはずで、運転する時には必ずブレーキフルードの恩恵を受けているのです。
例えば、クルマを運転していて「ブレーキペダルがフワフワする」とか「踏んでいるのに中々止まらない」などと感じたら、ブレーキフルードの劣化かもしれず非常に危険な状態です。すぐにディーラーや自動車整備工場、ガソリンスタンドなどで確認してもらうようにしましょう。

たとえ上記のような症状が無くても、1年ごとに交換をオススメします。
「えー、でも週末くらいしか乗らないし・・・」という方もいらっしゃるでしょう。そういった場合でも寒暖によりブレーキフルードに水分が混入している可能性もありますので、せめて車検時には交換する事をオススメします。

もちろんご自分でも作業は可能ですが、初めての方は知識のある方の指導を受けながら十分に注意して作業を進めましょう。

スタートアップアイテム

ご自分でブレーキフルードを交換するなら、こちらのアイテムが便利です。


AP ワンマンブリーダータンク

一人でエア抜き出来る
ワンマンブリーダータンク

AP ブレーキブリーダーキット VB123

エアツールでフルード交換
AP ブレーキブリーダーキット VB123

AP オフセットフレアナットレンチ 10×12mm

ブレーキエア抜きに
AP オフセットフレアナットレンチ 10×12mm


最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは次回のASTRO DIY LAB(アストロ DIY ラボ)もお楽しみに!

ご利用ガイド
GUIDE

送料について

3000円以上送料無料!安心してお買い物をお楽しみください。

支払方法について

クレジットカードや代金引換配送、Amazon Payなどもご利用いただけます。

配送について

平日・土曜14時までに決済を頂ければ【即日発送】。離島、一部地域では更に発送日数が掛かる場合がございます。

返品・交換について

返品をご希望の際は、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

ポイントについて

ネットと店舗で貯まる、使える!!ポイントは、1ポイント=1円としてアストロプロダクツ全店とオンラインショップのお支払いにご利用いただけます。

セールについて

全店舗での企画として各種セールを実施しておりますが、ネット通販ではシステム上、都合により実店舗と開催時間にずれが生じます。

修理・アフターサービス

ご購入された商品に不具合・故障が発生した場合は、保証書・保証期間の有無に関わらず修理を承らせていただきます。

お問い合わせ

お買い物でのお困りごと・お問い合わせはこちらへ